妊娠時の処方薬は用法を守ろう

妊娠時の処方薬には注意が必要ですよね?何と言ってもお腹の子の事を考えた場合ここで手を抜く事は出来ません。特に妊娠初期にはみなさん色々な事に気をつけていますが、妊娠中期の比較的安定した時期になるとこのことをすっかり忘れてしまったり、また気づいてはいるもののめんどくさいという事を考えてしまいます。しかし、赤ちゃんの発達に影響を与える可能性を忘れてしまってはいけません。特に市販薬を使用する場合は必ず担当の医師と相談して服用するように心掛けましょう。

妊娠時の薬の服用

妊娠時に薬を服用する場合には、担当医に詳しい説明を聞くようにしましょう。薬を飲む事によるメリットとデメリットなどを自分自身で納得できるまで詳しく聞いてみましょう。また、安全だとされている薬でも、体質によってなんらかの副作用が出る事はよくあることなので、その場合は我慢せずに担当医に相談しましょう。妊娠時に良く使われる薬としてはかゆみ止めや便秘薬、胃腸薬などが有名です。他にも貧血対策に鉄分を含んだ薬や、おなかのハリを止めるために塩酸リトドリンなどを処方してくれる場合もありますね。妊婦さんは痔になりやすいので、患部に直接塗る軟膏なども良く使われています。医師が薬を処方する場合は、その薬の効果や効能、副作用を総合的に判断し、いかに母体と生まれてくる赤ちゃんに影響がでないようにするかということをとても真剣に考えています。赤ちゃんに悪影響が出るかもしれないという事で、処方された薬を残してしまう人もいますが、基本的にお医者さんが出す薬は母体にとって必要なものだから処方されているのです。また、長年安全に使用出来ている薬を選んでくれているはずなので、自己判断で勝手に服用を止めてしまうのはやめましょう。

妊娠中の薬についてはとてもナーバスな問題です。薬の使用について納得できなかったら、医師は納得いくまで懇切丁寧に説明してくれますので、遠慮せずにしっかりと説明を聞くようにしましょう。また、薬を飲み始めて何か体にネガティブな変化があった場合、ちょっとしたかゆみや肌荒れなどでも遠慮せずに担当の医師に報告して相談するようにしましょう。