つわりが進むと→恐い妊娠悪阻について

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

胃のむかつきや吐き気などのつわりの症状は、程度の差はありますが、ほとんどの妊婦さんが経験します。しかし、通常のつわりの症状を超えて、病的な状態にまでなってしまう妊婦さんもいます。つわりだからと我慢していると脱水症状を起こし、妊娠悪阻になる可能性があります。そこで今回は、つわりの際の脱水症状と妊娠悪阻の関係、その治療法と対策について紹介します。

脱水症状と妊娠悪阻

つわりは、通常、妊娠4週頃から16週頃までの間に妊婦さんの身体に起こり、時期がくれば自然におさまってきます。しかし、つわりの症状が重く、何度も嘔吐を繰り返し、水も飲めない状態を「妊娠悪阻」と言い、病院での治療が必要になります。

妊娠悪阻まで症状が進んでしまうと、意識障害などをひきおこし、最悪母体を守るために赤ちゃんをあきらめないといけない事態にまでなりえます。妊婦さんはこの妊娠悪阻にはよーく注意しておく必要があります。

対策する事は出来るの?

妊娠悪阻はとてもこわいため、予防する事が大事です。またもしなってしまった場合でも、早めの対処で重症化を防ぐ事が出来るので、しっかりと予防していきましょう。

予防法としては、栄養補給と水分補給が大事になります。つわりで何を食べても吐いてしまうといった場合でも、脱水症状だけはなんとか防ぐ必要があります。その場合は、炭酸水などのすっきりするものを飲む、それも出来ない場合は氷などを定期的になめるようにして、何とか脱す症状を防ぐ必要があります。

また、旦那さんの協力を仰いで、家事などから一旦離れて体を休める事も大事です。

エミーノボーテの使い方について