妊婦さんのマストアイテム 母子手帳について

母子手帳の役割は、妊娠から出産までの経過を記録して、将来生まれる赤ちゃんの健康状態を履歴として残していくものです。これは赤ちゃんの間だけでなく、ある程度大きくなっても発育の様子や予防接種の履歴を残すという用途でも使われますので、小学校に入学するまではずっと使い続けるものです。

母子手帳はどこでもらうの?

母子手帳は病院でもらえるものと思っている人もいますが、母子手帳は役所で発行されます。病院で妊娠が確認されたら妊娠届を役所に提出して母子手帳を貰います。市区町村の役所に交付してもらうのですが、この時に自治体によっては産院からの証明書が必要になる事があるので事前に調べておきましょう。

貰えるのは母子手帳だけ?

母子手帳を貰いに行くと他にもさまざまなものがいただけます。これは各自治体によって配布物が異なるので一概には言えないのですが、一般的には妊婦健康診査受診票・新生児連絡票・両親学級や母親学級の案内・自治体ごとの妊娠時のお役立ち情報冊子などがもらえます。

母子手帳の活用方法は?

母子手帳は生まれてくる赤ちゃんがある程度大きくなるまで使いますので、その使用方法に慣れておく必要があります。しかし、母子手帳を一見しても意味の分からない記号などが羅列されていると思います。お医者さんの表現は一般とは違い独特ですので、パッと見て理解するのは難しいでしょう。

これは、母子手帳を使っていくうちに色々な検査などを受けると徐々に記号などの意味が分かってくるので心配いりません。次の検査時にお医者さんに聞きたい事や気になっている事をメモしておくと、スムーズに診察してもらえるのでおすすめです。

母子手帳にはお医者さんが記入する欄と、妊婦さんが記入する欄が分かれています。最初はチンプンカンプンだった表記が、妊娠時の経験を積む事によって妊娠後期になるとお医者さんの記入欄に何が書いてあるのかある程度わかるようになります。

外出時は母子手帳を携帯しよう

妊婦さんが外出する場合には非妊娠時より気をつける必要がありますが、それでも体調不良や事故等は起こってしまいます。妊娠中期を過ぎた明らかに妊婦さんだと判別できる場合は心配いりませんが、妊娠初期のまだお腹があまり目立たない期間は妊婦さんだと気づいてもらえない事があります。これは大変危険な事です。

そんな時に、母子手帳やマタニティーマークがあると妊婦さんだと判断してもらえますので、妊娠中の外出時には必ず携帯するようにしましょう。

化粧落としのおすすめnavi!