健康のためには標準体重の維持を

健康であることと、標準体重を保つことの間には密接な関わりがありますので、肥満や痩せすぎは改善する必要があります。体調を崩さない、健康的な体を目指すなら、標準体重でいられるように運動量や食事量を調節しましょう。毎日の食事内容や、生活習慣、運動の習慣が標準体重を保つ上では重要です。

標準体重であることと、死亡率との間には相関関係があるそうです。極端なダイエット方法で、できるだけ早く体重を減らしたいという人もいますが、ダイエットのしすぎは健康を阻害することがあります。肥満体型を気にして、標準体重に近づけるためにダイエットをする人は多いですが、逆に標準体重より痩せすぎていることもよくありません。肥満がちの人がダイエットを勧められるのは、太っていると生活習慣病になりやすく、高血圧や、高血糖などの症状が起きやすいためです。

標準体重よりも体重が少なすぎる人は、貧血体質になったり、病気への抵抗力が下がることがありますので、改善をする必要があるでしょう。身長に応じて標準体重は変わりますが、年齢や、性別によっても変わります。今のところ、様々なところから標準体重についての計算の仕方は提示されており、一つに統合されているわけではありません。時々自分の体重を計測して、増えすぎていないか、減りすぎていないか確認しておきましょう。

メディアに登場している女性芸能人のような痩せ型の体型になりたいと思う人も少なくないですが、痩せすぎ体型を目指すのもほどほどにしましょう。標準体重以上に痩せたいと考えてダイエットをする人も多いですが、あまり痩せすぎると体には決してよくありません。

空腹になると気持ち悪くなるつわり対策

入院する程ではないけれど、始終吐き気に悩まされているつわりを経験しました。 空腹になると気持ち悪くなるけれど、満腹すぎるても吐き気を催します。 そんなつわり対策に効果的だったのが、炭酸水でした。炭酸水といっても無糖のものです。 色々飲んでみましたが、国産の炭酸水は美味しくて好みでした。

炭酸水だけじゃ気持ち悪いのですが、レモン水をそこに少し垂らすと爽やかになって飲みやすいです。 外出時もこれじゃないと水やお茶もダメだったので、炭酸の空気を抜くキャップを常に携帯していました。 日中何もしていないと気持ち悪さに襲われるので、天気の良い日はできる限り外出して外の空気を吸うようにしていました。 つわりは気分に左右されることが多いですので、外気を吸うだけでも随分違います。

またつわりのせいでどうしても食事を作る気になれない時もあるのですが、週に1回までは出前を取ってもいいと自分の中で決めていました。 適度に家事の手抜きをすることを自分に許すことでも、気分は随分変わって乗り切りやすくもなります。

また、妊娠中はコスメなどが肌に合わなくなる事もあります。クレンジングや化粧落としにも気を使いましょうね。

化粧落とし 選び方